仔犬を迎えるにあたって

子犬を迎える準備

お客様の可愛い子犬のために
子犬と一緒にお暮らしになるには、ワンちゃんのための空間が必要です。最初にハウスをご用意していただき、静かな場所に設置します。部屋の中はしっかりと整理整頓をして、子犬が口に入れてしまう危険があるようなものは、部屋の外か高い家具の上などに移動しておきます。トイレシーツやフード、食器類なども揃えておきたいものです。

また、子犬にさせて良いこと悪いことについての認識をご家族の皆さんで意見統一をしておくことも重要です。ご家族のお考えがまちまちですと子犬が混乱してしまい、大切な「しつけ」にも影響がおよんでしまいます。

1.子犬のための環境整備


ワンちゃんのハウスは、子犬にとって安心できる居場所です。部屋飼いされる場合でも必ずご用意ください。天井のあるゲージなどが良いのですが、子犬用のベッドをサークルで囲んだだけでも充分です。

2.トイレトレーニング


トイレのしつけは、子犬をお宅へ迎えた日から始めてください。時間を見計らってトイレへ連れて行き、排泄できたら褒めることが基本です。もし、失敗しても叱ってはいけません。叱りすぎるとトイレを我慢したり、隠れて排泄する癖がつしてしまうことがあります。トイレ以外の場所で排泄してしまった場合は、子犬を無視して直ぐに片付け、消臭剤をかけておきます。

3.食事の基本


犬の餌は、ドッグフードが基本です。とくに成長期である子犬には、子犬用の高エネルギーのフードが良いでしょう。フードとは別におやつをあげる場合は、その分のエネルギー量を考慮して食事の方を減らしておきましょう。

4.お手入れ


犬種によらず毎日してあげたいのがブラッシングとコーミングです。シャンプーや爪切り、耳掃除、歯磨きなども定期的に行います。犬種によっては、お店でのカットやブラッシング等のケアも必要になります。

5.散歩の心得


子犬をはじめて散歩に連れ出す時期は、3回目のワクチンを済ませてからになります。必ずリードを付けて、飼い主様の横について歩かせるようにしてください。人や他所の犬に近づけるときは相手の許可を得てからにしましょう。

6.子犬とのスキンシップ


病気のときの治療やトリミングを受ける場合に備えて、人に触られることに慣らすことも大切なことです。遊びながら全身を撫でてあげましょう。耳や尻尾、口元、足先などを意識的に触るようにしてください。このようなスキンシップをはかることによって信頼関係が深まり、また病気の早期発見にもつながることがあります。

子犬お迎えグッズ一覧

子犬と生活を共にするには様々な用具が必要です。子犬を迎えてから慌てないように事前に次のようなものを準備しておかれると良いでしょう。

1.サークル と ゲート


サークルはトイレトレーニングや家族が子犬から目を離す際の安全確保のためになります。部屋の出口にゲートを設置しておけばなお安心です。サイズはワンちゃんの成長を見越して購入してください。あらゆるタイプのものが販売されていますので、お住まいや、ワンちゃんに合うものを購入されるといいと思います。

2.トイレ用品


ペットシーツを敷くだけでも構いませんが、子犬用のトイレもあると部屋が汚れにくくなってなお安心です。ペットシーツは予備も含めて多めに準備しておきましょう。レギュラー、ワイドなどのシーツのサイズに合わせたトイレトレーが販売されています。

3.ドッグフード


子犬には栄養価の高い子犬用フードを与えましょう。当店のおすすめは、ビルジャックのパピーです。また成長段階に応じてあったものに切り替えてゆきましょう。フードの量は袋の表示をご参考にしてください。 フードの変更はいきなりではなく少しずつ一週間くらいかけて変えていってください。
また成長に伴い増量しますが食べさせ過ぎにはご注意ください。フード以外のものも与えた場合は特に気をつけて増減してください。

4.食器類


安定しているステンレス製や陶器製の食器が良いでしょう。口が短いタイプのワンちゃんは(パグ、シーズー、フレンチブル)などは広めで上げ底になっているものが食べやすいようです 飲み水用はペットボトルの容器に水を入れてペロペロ舐めると水が出てくるタイプのものをサークルやゲージに取り付けると便利で衛生的です。

5.ベッド


子犬がくつろげる居場所として、専用ベッドをご用意ください。布製のものを用いる場合は、カバーが外せて丸洗いできるタイプが衛生的で良いでしょう。
大きさが確定しないうちはバスタオルやフリース素材のハーフケットなどを代用してもいいと思います。

6.おもちゃ


子犬用のおもちゃはサイズと強度を確認しましょう。子犬が飲み込めない大きさであり、また噛んでも破損しないものを選びましょう。
ワンちゃんによっておもちゃの好みがあるようです、ゴム系、ロープ系、ぬいぐるみ系、木のおもちゃ系などです 様子を見て気に入るものを遊び道具として与えてあげましょう

7.お手入れ用具


ブラシやコーム、スリッカーなどは、子犬の毛の長さや質に合ったものを選択しましょう。また、シャンプーは必ず犬用のシャンプーを使用しましょう。
原則としてワクチン前の頻繁なシャンプーはNGですが、一回目ワクチンが終了していれば特に問題はありません。但し洗ったあとはすぐにしっかりと乾かしてあげて下さいね。

8.しつけ用具


甘噛みや無駄吠えなどの困った行動の予防には、様々なしっけグッズが販売されておりますので、それらを使用することも1つの方法です。

9.首輪とリード


子犬は成長が早いので、首輪は長さ調節が可能なものが便利です。また、重くない素材であるナイロン製などが体に負担がなくて良いでしょう。
いざお散歩のときに急に首輪をすると嫌がります。小さいうちから首輪は着けておき慣らしておきましょう。
ある程度余裕を持ったサイズが望ましいですが、大体の場合調節可能なものが多いので、成長に伴い合わせていくといいでしょう

10.お掃除用具


部屋飼いの場合、専用の掃除グッズをご用意ください。消臭剤や抜け毛を取り除く用具、空気清浄機を使うことも良いでしょう。

11.キャリーバッグ


子犬とのお出かけには、キャリーバッグがあるととても便利です。肩に掛けるタイプのほかリュックタイプ、スリング、カートなどもあります。
お得な子犬用スターターセット
犬のと生活には欠かせない、サークル、トイレ、ペットシーツなどをセットにしてあるお得な商品もございますので、お求めになりたいお客様は、ご相談ください。